このサイトでは、サイト改善のためにCookieを利用しています。サイトを利用することで、Cookieの使用に同意するものとします。
FXGT
Date:
15th Sep 2020
Author:
FXGT

快進撃を見せる米ナスダック総合指数

ハイテク株比率が高い米ナスダック総合指数は、2020年6月にウォール街の主要株価指数の中で最も早くコロナ禍による急落から回復し、最高値を更新しました。7月21日までの間に過去3か月の最高値まで高騰し、モメンタム指標は20年ぶりの高水準を付けました。FAANG銘柄として知られるフェイスブック、アップル、アマゾン、ネットフリックス、グーグルの業績好調な高成長ハイテク株が高騰したことで、米国でCOVID-19による感染が猛威を振るう中でナスダック総合指数は年次ベースで60%近く上昇しました。8月だけでナスダック総合指数は9.6%上昇し、2000年以来の月間最高値を記録しました。 

テクノロジー株の急騰によって、9月3日時点で「ドット・コム・バブル」以来初めてベンチマーク指標が12000ポイントを大きく上回りました。人との直接的な接触を避ける現在の状況下、人々の生活や仕事でオンライン化が進んだことでテクノロジーへの依存度は高まっています。そのためこの後もナスダック総合指数のさらなる上昇につながる好材料が期待できます。低金利環境で株価の上昇が期待できることも有利に働いています。 

FXやビットコインのトレーダーにとっては、今はテクノロジー株への分散投資戦略を取るべきです。では、ナスダック総合指数が今後も上昇を続けると思われる理由について説明します。 
 
ナスダック総合指数ではアップル、アマゾン、そしてビデオ会議サービス「ズーム」を運営するズームビデオ・コミュニケーションズ(ズーム)のようなテクノロジー関連大企業の上昇が目につきます。これらの企業ではパンデミック(感染症の世界的流行)に起因するロックダウン(都市封鎖)による悪影響が最小限に止まってるどころか、逆にロックダウンが利益につながっています。COVID-19による感染が世界中で拡大する中、人々はコミュニケーションや、仕事、余暇のエンターテイメント、ショッピングなどでテクノロジーを駆使するようになりました。

このような背景を考えるとテクノロジー株の株価が急騰したことは驚くにあたりません。実際にアップルの目標株価はアナリストに引き上げられ、2020年8月31日アップルの株価は4%上昇しました。また、ズームの株価は第2四半期決算が予想を上回る結果だったことが好感し、株価は40.8%上昇しています。ズームの第2四半期(5-7月)決算後の売上高は前年同期比の4倍超えとなり、これにより2019年に250億ドルだった時価総額は2020年8月に1290億ドルに跳ね上がりました。電気自動車メーカーのテスラの株価は8.5%急騰し、
低調だった3月から450%も上昇しました。 

テクノロジーへの依存が高まっている現況だけでなく、低金利環境もまたテクノロジー株の需要を高める要因となっています。 
 
米国連邦準備制度(FED)は最近平均インフレ率目標の方針変更姿勢を示しました。この方針はしばらく継続する模様であり、低金利政策は株式市場にとっては朗報となるでしょう。金利が低下すると、投資家は通貨や債券取引のような投資よりも株のような高リスクの投資に動きます。株式運用への需要が高まることで株式市場へ資金が流れ、株価が上昇します。 
テクノロジーセクターはとりわけ金融緩和に前向きなハト派的政策から恩恵を受けています。テクノロジー銘柄は通常、製造や鉱業、エネルギー関連株といった景気敏感株と比べ、それほど多くの負債を抱えていません。また需要も国内だけでなく、海外での需要も期待できます。そのため、投資家は他のセクターの成長が鈍化しているとき、テクノロジー株へ投資したいと考えるのです。

米国ではCOVID-19の感染再拡大により経済再開計画に暗雲が立ち込めています。そのうえ、収益予想は下方修正され、財政赤字と低金利政策で米ドルは下落基調にあります。このような状況下では、ビットコイントレーダーやFXのトレーダーは経済状況に依存度の低い成長株の会社に投資を行うでしょう。これがナスダック総合指数が上昇を続けている主な理由です。 

しかし中には、短期間に急成長を遂げたテクノロジー企業の株価高騰に懸念を抱く投資家もいます。シカゴオプション取引所(CBOE)が発表するVIX(ボラティリティ・インデクス)はCBOEボラティリティ指数(VIX)と呼ばれ、S&P 500株価指数の今後30日間の株価変動率を予測します。この指数は株式市場が不安定で投資家心理が弱気になると上昇し通常は10から20の間で推移しますが、8月末までの131日間で19.40という記録的平均値を継続しました。通常、高値がこれほどの長期間で続くと株式市場は調整局面に入り急落します。 

コロナ渦に影響を受け、先が読みづらい現在のマーケット状況では、取引の対象がビットコイン、FX、株式のいずれであっても関係なく、適切なリスク管理を行っていくことが不可欠となるでしょう。 
 
FXGTは「360 Degrees Markets Ltd (元Desupline Capital Limited)」が運営する新しいタイプの為替ブローカーです。
このウェブサイトはグループ企業によって運営されています。「360 Degrees Markets Ltd」と「ISPASS Technologies Ltd」はグループ企業です。
ISPASS Technologies Ltd「ISPASS Technologies Ltd」はソフトウェア会社でキプロスに登記しており、登録番号はHE394419です。登録住所はNikolaou Nikolaidi 3, Flat/Office 205, Paphos 8010, Cyprusでございます。

「360 Degrees Markets Ltd」はセーシェル共和国に登記しており、登録番号は8421720-1 です。登録住所はSuite C, Orion Mall , Palm Street, Victoria, Mahe, Seychellesでございます。
「360 Degrees Markets Ltd」の証券ディーラーライセンス番号はSD019です。GTではアメリカ合衆国、カナダ、イラン、朝鮮民主主義人民共和国、ロシアなど特定の地域居住者への勧誘は行いません。
FXGTはJFSA並びにESMAの監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、当ウェブサイトは日本又はEU諸国の居住者を対象としておりません。

ペイメントゲートウェイの一つはMM Global N.V.によって処理され、MM Global N.V.はキュラソーの法律に基づいて設立されております。 法人登録住所: Abraham de Veerstraat 9, Willestad, Curacao.

SkrillおよびNetellerを介したすべてのペイメントは、360 Degrees MarketsLTDによって処理されます。

リスク免責事項: 外国為替取引並びにCFDは全ての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。ご自身の状況を慎重に検討し、ご自身の責任にて取引の判断を行ってくださいませ。投資資産の一部または全部を失ってしまう可能性がございます。当ウェブサイトは一般的な事項を掲載しております。外国為替取引並びにCFDに関連するリスクを検討し、疑義がございます場合には中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
  • 360 Degrees Markets Ltd (FXGT) 2020