このサイトでは、サイト改善のためにCookieを利用しています。サイトを利用することで、Cookieの使用に同意するものとします。
FXGT
Date:
05th Feb 2021

Article Table of Contents:


海外FXでEAを使う際のメリットやデメリットを知りたい方は、多いでしょう。
また、海外FXでEAを使用する場合に気を付けるべき点とは何でしょうか?

海外FXでEAをうまく活用すると、仕事中や就寝中に稼げる可能性があります。
海外FXでのEAの利用は、FXで大きく稼ぐ近道とも言えるでしょう。
 
本記事では、海外FXでEAを使う3つのメリットと2つのデメリット・3つの注意点を解説します。
海外FXでEAの使用に向く業者を選ぶ4つのポイントも確認しましょう。

1. 海外FXでEAを使う3つのメリット

ここでは、海外FXでEAを使う3つのメリットを解説します。
・仕事中や就寝中の取引
・プロ並みに取引できる
・メンタルが影響しない取引
 
(1)仕事中も就寝中も取引可能
海外FXでEAを利用すると、自動売買なのでチャートに張り付く必要がありません。
チャートに張り付く必要がないので、仕事中も就寝中も取引が可能です。
 
24時間FXの取引ができるので、物理的には1日中稼ぐチャンスがあります。
 
(2)プロ並みに取引できる
海外FXで優れたEAを利用すると、初心者であってもプロ並みの取引が実現します。
自分では勝ててない方も、海外FXでEAを使用すると勝てるようになる可能性があります。
 
しかし優れたEAは滅多にないので、見つけることはとても難しい点が問題です。
海外FXで高価なEAを利用しても、全く勝てない取引もあります。
 
初心者の方は特に、無料のEAから始めると良いでしょう。
海外FXで有料のEAの購入したい場合は、しっかりと評判も調べて検討することをおすすめします。
 
(3)メンタルが取引に影響しない
FXの取引で失敗する最大の原因は、メンタルによる影響です。
しかし海外FXでEAを利用すれば、事前に設定した条件で自動的に取引します。
 
FXでは「メンタルの強さが最重要」とも言われます。
よって、メンタルが取引に影響しないEAを利用すると勝てる可能性があります。

2. 海外FXでEAを使う2つのデメリット

ここでは、海外FXでEAを使う2つのデメリットを確認しましょう。
・急な相場変動には対応不可
・詐欺の危険
 
(1)急な相場変動には対応不可
国内・海外FXに関わらず、EAでは事前に注文や買いなどの取引条件を設定します。
従って、急な相場変動には対応できません。
 
日々動いている市場を確認し、起こりうる出来事を予測し、EAの設定を随時調整する必要があります。
設定済みのEAを放置しているだけでは勝ち続け、稼ぎ続けることは不可能です。
 
市場は数年単位で大きく変化するので、少なくても数年に1度はEAの設定を大きく見直すと良いでしょう。
 
いずれにせよ、すぐに対応できるよう、世の中の動きに敏感になることが必要です。
 
(2)詐欺の危険
ネット上には、海外FXでのEAを悪用した詐欺が横行しています。
高額のEAを「このEAで誰でも勝てる!」などと謳い、売りつける手法です。
特にツイッターやインスタグラムなどのSNSでは、詐欺がより多く見られます。
 
「楽に」や「簡単に」・「誰でも」など容易に稼げることを連想させるEAは危険だと思ってください。
 
もちろん正当な有料EAもあるでしょうが、個人が販売する海外FXのEAには手を出さない方がおすすめします。
個人が販売するEAは詐欺の可能性が高いからです。
 
『「有料のEA」を「個人」が「SNS」で販売』は詐欺のキーワードと捉えておきましょう。
 
また海外FXで有料のEAを購入する前に、EAの運営元のサイトの検索をおすすめします。
運営元のサイトがヒットしたら、情報が信頼できるか見極めましょう。
 
同時にGoogleなどの検索エンジンでも、該当するEAを検索することによる評判の調査がおすすめです。

3. 海外FXでEAを使う際の3つの注意点

海外FXでEAを使う際に気を付けるべき、次の3つの点があります。
・公式サイトのデータとの違い
・スキャルピングは禁止の場合がある
・EAに対応していない海外DX業者もある
 
海外FXのEAは30〜60日間返金保証がある場合が多いなので、とりあえずお試しすると良いでしょう。
試したEAが合わなければ、購入代金は全額返金されます。
国内FXのEAに対してはあまり見ない返金保証制度は、海外FXでEAを利用するメリットでしょう。
 
(1)公式サイトのデータとの違い
EAは自動売買ゆえに取引回数が多く、狭い値幅での取引を繰り返します。
そのため、わずかな誤差が違う結果を生み、公式サイトのデータと同じにはなりません。
 
(2)スキャルピングは禁止の場合がある
スキャルピングは数秒、数分など短時間で取引を繰り返すことです。
海外FXでEAを用いるとスキャルピングをしやすく、うまく波に乗ると大きな稼ぎをもたらします。
 
しかし海外FX業者によっては、EAによるスキャルピングを禁止しているので、事前に確認しましょう。
海外FX業者次第では、EAを利用しなくてもスキャルピング自体を禁止しています。
 
(3)EAに対応していない海外FX業者もある
MT4またはMT5を取引ツールとして使用する海外FX業者は、基本的にはEAに対応しています。
しかし中には、EA自体を禁止して対応していない業者もあります。
 
先述の内容と被りますが、海外FX業者によっては、EA全般は禁止していないけれどスキャルピングが可能なEAは禁止です。
そのため、まずは利用する海外FX業者・口座がスキャルピングを認めているか確認しましょう。
 
また指値・逆指値注文に制限を設けている海外FX業者では、EAで現在価格から一定程度以上に隔たりのある注文レートを設定できません。
 
各海外FX業者の規制項目は異なるので、業者・口座にあったEAを選ぶように気をつけてください。
 
EAの規則違反が原因で稼働停止したり、該当業者での取引が禁止になったりするので、注意が必要です。

4. EAを海外FXで使う際の業者選びにおける4つのポイント

海外FXでEAを使用する際の業者選びには、次の4つのポイントがあります。
ここでは、各ポイントを確認しましょう。
・最低量から始める取引
・業者のサーバーの安定性
・取引コスト
・禁止トレードの有無
 
(1)取引最小ロット数
それぞれの海外FX業者は、最低取引ロット数を口座ごとに設定しています。
海外FX業者でEAを使う場合は、0.01ロットを取引最小ロット数の目安にすると良いでしょう。
 
0.1ロット以上の口座はレバレッジも低いことが多く、取引の仕方にもコツがいるプロ向けなので、EAには向きません。
 
逆に0.0001ロット以上の口座ではスプレッドが広いので、やはりEAに不向きです。
スプレッドとはすなわち手数料であるため、スプレッドが広いと手数料が高いからです。
 
そして海外FXで新しいEAを導入したら、まずは少額から、つまり小さなロットから取引しましょう。
海外FXで大きな損失ばかり発生させるEAも存在します。
従って、まずは新たに導入した海外FXでのEAの性能を確かめることが必要です。
 
利益が出ても一気にロット数を増やすのではなく、様子を見て少しずつ投資額を増加すると良いでしょう。
 
(2)業者のサーバーの安定性
業者のサーバーの安定性は、海外FXでEAを選ぶ上で最も大切なポイントです。
海外FX業者のサーバーが弱く、サーバーダウンや注文の確定までに時間がかかる場合はEAの稼働に向きません。
 
海外FX業者で裁量取引する際はサーバーの状況に応じて取引しますが、EAはサーバーに障害が起こるとストップします。
 
加えてEAの稼働期間が中断するので、過去のデータ等にも影響を与える可能性があり、業者のサーバーの安定性は非常に重要です。
 
より良い条件で取引するためには、海外FXでEAを利用する業者とVPSサーバー*1のロケーションは同じにしましょう。
 
海外FX業者のサーバーとVPSサーバーのロケーションを合わせなくても、EAは動きます。
しかし2つのサーバーのロケーションが異なると、注文から約定(確定)までの時間がかかり、取引が不利です。
 
小さい値幅で多くの取引を繰り返すEAでは、取引環境が稼ぎに大きく影響するので気を付ける必要があります。
 
主要な海外FX業者のサーバーのロケーションは、英国のロンドンと米国のニューヨーク・オランダのアムステルダムです。
よって、ご利用する海外FX業者と同じロケーションのVPSサーバーを選びましょう。
 
*1 VPSサーバー:VPSとはVirtual Private Serverの略で、仮想専用サーバーのこと。
VPSでは1台のサーバーを独占して使用できる専用サーバーと同様の自由度や性能を、仮想的に利用できる。
実際には1台のサーバーを複数のユーザーで共有する。
 
共有しない専用サーバーを利用すると、ネットの接続速度が早くなりサクサク使いやすくなる点が特徴。
 
VPSサーバーの利用により、パソコンやスマホの電源を切っても24時間MT4やMT5・EAを稼働できる。
 
そして業者のサーバーと同じぐらい、VPSサーバーのスペックも重要です。
VPSのサーバーがダウンすると、どんなに海外FX業者のサーバーが安定していてもEAは停止します。
 
できれば、利用する海外FX業者が勧めるVPSサーバーを使用する方がおすすめです。
少なくても評判が悪いVPSサーバー業者だけでなく、極端に安いVPSサーバー業者も避ける方が無難でしょう。
 
(3)取引コスト
海外FXでEAを利用すると、取引回数が多いため、手数料が大きく儲けに影響します。
さらにVPSサーバーの利用料金もかかるので、取引コストをより抑えたいでしょう。
 
一般的に、取引手数料が無料のスタンダード口座はスプレッドが広めです。
そのため、結果的には取引回数が多いとコストが高い傾向があります。
 
反対に取引手数料がかかるECN口座では、スプレッドが非常に狭いです。
従って、EAを用いて多くの取引をする場合には、コストがとても安くなります。
 
(4)禁止トレードの有無
先述の通り、海外FX業者によってはスキャルピングを禁止しています。
他にも両建て*1など禁止トレードを設定している業者があるので、あらかじめ確認しましょう。
 
*1 両建て:買いと売りのポジションを同時に保有すること。

まとめ



海外FXでEAをうまく活用すると、実質的に24時間いつでも稼ぐチャンスができます。
EAの利用により、仕事中や就寝中に買って、大きく稼げる可能性もあるでしょう。
 
しかし海外FXでのEAの利用には3つのメリットだけでなく、2つのデメリットと3つの注意点があります。
 
最後に紹介した海外FXで使うEAの選び方における4つのポイントも参考に、しっかりと情報収集をした上でEAを購入しましょう。
詐欺に合わないようにも、くれぐれもお気をつけください。
 
詐欺被害を防ぐため、初めは無料のEAからお試しになってはいかがでしょうか?
ただし成績が悪かったために有料から無料になったEAもあるので、EAの選び方には注意が必要です。
FXGTは「360 Degrees Markets Ltd (元Desupline Capital Limited)」が運営する新しいタイプの為替ブローカーです。
このウェブサイトはグループ企業によって運営されています。「360 Degrees Markets Ltd」と「ISPASS Technologies Ltd」はグループ企業です。
ISPASS Technologies Ltd「ISPASS Technologies Ltd」はソフトウェア会社でキプロスに登記しており、登録番号はHE394419です。登録住所はNikolaou Nikolaidi 3, Flat/Office 205, Paphos 8010, Cyprusでございます。

「360 Degrees Markets Ltd」はセーシェル共和国に登記しており、登録番号は8421720-1 です。登録住所はSuite C, Orion Mall , Palm Street, Victoria, Mahe, Seychellesでございます。
「360 Degrees Markets Ltd」の証券ディーラーライセンス番号はSD019です。GTではアメリカ合衆国、カナダ、イラン、朝鮮民主主義人民共和国、ロシアなど特定の地域居住者への勧誘は行いません。
FXGTはJFSA並びにESMAの監視下にないため、金融商品提供や金融サービスへの勧誘と考えられる業務には携わっておらず、当ウェブサイトは日本又はEU諸国の居住者を対象としておりません。

ペイメントゲートウェイの一つはMM Global N.V.によって処理され、MM Global N.V.はキュラソーの法律に基づいて設立されております。 法人登録住所: Abraham de Veerstraat 9, Willestad, Curacao.

SkrillおよびNetellerを介したすべてのペイメントは、360 Degrees MarketsLTDによって処理されます。

リスク免責事項: 外国為替取引並びにCFDは全ての投資家に適しているわけではない高水準のリスクを伴います。ご自身の状況を慎重に検討し、ご自身の責任にて取引の判断を行ってくださいませ。投資資産の一部または全部を失ってしまう可能性がございます。当ウェブサイトは一般的な事項を掲載しております。外国為替取引並びにCFDに関連するリスクを検討し、疑義がございます場合には中立的な財務または税務アドバイザーに助言を求めてください。
  • 360 Degrees Markets Ltd (FXGT) 2020